マスタリング・オーディオマスタリング

マスタリング・コンプレッサーテクニック番外編

2018年05月16日 14時48分

やり過ぎがいい場合もある?

コンプレッサーの多用により、音はつぶれてしまいます。これは既に「あまりよろしくないこと」としてご紹介しているわけですが、音楽というクリエイティブな世界に「絶対」という言葉はありません。」このつぶれたサウンド自体が「かっこいい」という場合も無きにしも非ず。ルールなど無視したくなってしまうこともあります。
 
かっこいい、しかも自分の出したい音はこれだ!と思えたのであれば、何も問題ないのでは?
 
これは場合によります。
 

コンプレッサーの膝?(ニー)

コンプレッサーは、スレッショルドを超えて初めて作動します。ニーはコンプレッサーのグラフに表される折れ線の、ちょうど膝となる部分です。デジタルコンプレッサーの処理だと、このニーはカクッと曲がるのですが、アナログコンプレッサーを使うと丸みを帯びています。この丸みのあるニーを「ソフトニー」と呼ぶことがあります。
 
ソフトニーでは、極端にコンプレッサーがかかることがなく、広い範囲に効果が最適化されます。このニーをコントロールできるコンプレッサーであれば、より自然な効果が期待できると言うことですね。この「ナイスなニー」を持っているコンプレッサーであれば、やり過ぎの場合でも、それほどわざとらしいサウンドにはなりません。
 
コンプレッサーの使いすぎは、やはり理想的なものではありません。ただし、コンプレッサーによっては、いい効果が期待できることもあります。アナログコンプレッサーがなければ、プラグインで対応することもできます。
 

マスタリング・イコライザーでバランスをとる

イコライザーのそれぞれのバンドは、楽器や楽曲の違ったクオリティーを引き出すことができます。
 

マスタリング、イコライジングはバランスがすべて

イコライジングの鍵はバランスです。すべての楽器、ボーカルが、干渉せずに響き合わなければなりません。中音域のバランスをとることは特に重要な作業と言えます。サウンドの温度感やナチュラルな感じを出すためには、中音域のイコライザー操作が大切です。
 

マスタリングの秘密・楽器の帯域を知る

マスタリングはミキシングが終わった音楽を、ひとつの作品として完成させ、音源としてエクスポートすることが最終的な到達点となる仕事です。この仕事を行うに当たって、バンドで使われている楽器が、どの周波数帯の音なのかをつかむことは重要なことです。